CFDとは? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFDとは? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFDとは?

CFDとは、Contracts for Differenceの略で、日本で言うと、差金決済のことを言います。

差金決済とは、現金の授受をせずに反対売買の差金のみの決済することです。

例えば、A社の現物株1現物株CDF購入します。実際に現物株を手にするわけではありませんが、それを売買すると価格の差額がCDF取引の損益となります。

株取引、先物取引、信用取引とも違う新しい形の金融取引商品がCDFです。

株取引のようですけれど、現物株保有はできません。

CFDは証拠金を用いたレバレッジ取引です。ですから、FXの株式版とも言われています。

2通貨間で行われるFXを株式を用いて取引をするCDF。今まで、株取引やFXとは違う魅力を見つけることができるかも知れません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19839409

この記事へのトラックバック