CFD取引の利回り CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFD取引の利回り CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFD取引の利回り

現物株取引とCFD取引の大きな違いは取引にかかる金額です。

証拠金が10%に設定されたCFD取引ですと、現物株取引の10分の一で済むことになります。

CFD取引の利回りですが、少ない証拠金でレバレッジをかけることによりで現物株と同等の取引ができます。

単純計算ですが、CFD取引で証拠金10万円で、2000円の現物株を1000株買い、2100円に上がって売ったとします。

100円の上げに1000株をかけた10万円の利益となります。

20万円で10万円の利益となりますから、利回りは抜群と言うことになります。

ただし、利回りが良いということは、反対にいった場合10万円の損ということで、リスクもかなりあるということです。

このようにCFD取引の利回りは良く効率よく投資ができますが、その高い利回りを手にするためには、株価の動向チェックは欠かせません。