株価指数CFDって何? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

株価指数CFDって何? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

株価指数CFDって何?

株価指数CFDとは、投資対象を株価指数に定め、証拠金は最低0.5%から始められます。

株価指数CFDのレバレッジ最大200倍で、SPANを使用しないので、計算も簡単にできます。

株価指数CFDの取引の買いのポジションですと配当金も受け取れます。反対に売りのポジションですと、配当金相当額を支払うことになります。

しかし、売りのCFD取引の繰越で、金利が受け取れます。

日経225先物取引と比較をすると、取引金額は同じでも、投資金額の違いが大きく出ますので、損益の面でも株価指数CFDの方が断然有利ということになります。

株価指数CFDは、世界の株価指数を相手に取引することが可能です。