CFD取引は差金決済 CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFD取引は差金決済 CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFD取引は差金決済

差金決済とは、決済方法の一つで、反対売買を行った際に生じる差額での決済を言いますが、その特徴として、現物の受渡しがないことです。

株取引の決済方法が差金決済です。

CFD取引では、株や債券などほ投資対象としますが、現物を手にするのではなく、全てこの差金決済による取引となります。

株のCDF取引では、差金決済のみで、現物株取得はできないので、株主になることはできません。

株価動向によっての損益だけが問題になるのがCFD取引となります。

信用取引では、差金決済のあと、取引金額の制限がありますが、CFD取引はそのような制限はなく、資金範囲内でしたら、何度でも取引ができることとなっています。