CFD取引の特徴とは? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFD取引の特徴とは? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFD取引の特徴とは?

CFD取引の特徴と言えば、証拠金の存在。

証拠金と言えば、FXですが、FXの場合、その投資対象は通貨のみとなっています。

しかし、CFD取引の場合は、株、債券、先物取引、株価指数などのチャートの動向で損益が決まります。

もちろん買いから売りから、両方からの取引ができるのもCFD取引の特徴となっています。

FXと同じ様に、レバレッジを効かせて、大きな取引金額を少ない投資でできると言うのも嬉しい特徴

ですから、CFD取引でのリターンは期待できるものの、リスク管理は絶対不可欠となります。

先物取引の上げ下げがCFD取引で問題になりますが、先物取引のように期限がないので、半永久的にポジションを維持できるところも特徴と言えます。

このようにCFD取引の特徴を大いに生かし、大きくリターンを期待をして、無理のない投資を。