綿花でCFD取引 CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

綿花でCFD取引 CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

綿花でCFD取引

綿花とは、主として原料の商取引で用いられる言葉で、綿の種子からはく脱した繊維のことを言います。米綿、エジプト綿、ブラジル綿、メキシコ綿、インド綿などがあります。

アメリカの綿花の取引所は、NYCEとNYMEXとなっています。日本では大証で生糸で取引をしています。

CFD取引でも、綿花の取り扱いをしているCMCMarketJapanがあります。

CFD取引は、証拠金取引で、現物株や株価指数などのCFD取引で売買決済をするものです。

現物株などのCFDは数社で取扱っていますが、綿花などの商品先物取引のCFDはCMCMarketJapanのみです。

綿花など商品先物取引や現物株取引よりも小額でできる手軽さが、今後のCFD取引を発展させていくことでしょう。