CFDの注文方法とは? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFDの注文方法とは? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFDの注文方法とは?

CFDの注文方法には、成行注文・指値注文・逆指値注文・イフダン注文・OCO注文があります。

CFDを取扱う会社の取引システムによって、注文方法の詳細は異なりますが、だいたい同じ様な注文方法ということになります。

CFDの成行注文とは、値段は指定せず、銘柄と数量を指定して注文方法です。

指値注文とは、買い注文の場合は、現在の相場価格よりも低い価格で、売り注文の場合には高い価格で出す注文方法です。

逆指値注文とは、買い注文の場合は、現在の相場価格よりも高く、売り注文の場合には低いレートで、すでに持っているポジションを手仕舞うことです。

OCO(いずれかの注文が成立したら、もう一方の注文はキャンセルする)注文も、常に市場の動向を見守ることができなくても、利益を確定したり損失を限定したりできるという利点があります。

イフダン注文とは二つの注文のコンビネーションです。

このような注文方法を駆使し、CFDをより快適に楽しく取引することです。

それには、まずはCFD取引を始めることです。