CFDとは? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFDとは? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFDのメリットについて

株式のFX版とも言われるCFDですが、そのメリットは取引金額の少なさです。

投資というと、大金を用意してと思いがちですが、現物株CFDであれば、現物株の数%の資金でと取引ができるというのはメリットになります。

CFDの投資対象となるのは、日本国内外合わせて4000銘柄ということもメリットとなります。

現物株、指数やコモディティなど、あらゆる分野とCFD取引ができますし、10国以上の銘柄から選択が可能です。

得意な国、好きな国、得意分野などから選択ができるということは、投資をする上でメリットとなります。

CFD取引をする上でのメリットを十二分に生かせるような取引をしたいですね。

CFD取引の特徴とは?

CFD取引の特徴と言えば、証拠金の存在。

証拠金と言えば、FXですが、FXの場合、その投資対象は通貨のみとなっています。

しかし、CFD取引の場合は、株、債券、先物取引、株価指数などのチャートの動向で損益が決まります。

もちろん買いから売りから、両方からの取引ができるのもCFD取引の特徴となっています。

FXと同じ様に、レバレッジを効かせて、大きな取引金額を少ない投資でできると言うのも嬉しい特徴

ですから、CFD取引でのリターンは期待できるものの、リスク管理は絶対不可欠となります。

先物取引の上げ下げがCFD取引で問題になりますが、先物取引のように期限がないので、半永久的にポジションを維持できるところも特徴と言えます。

このようにCFD取引の特徴を大いに生かし、大きくリターンを期待をして、無理のない投資を。

CFD投資とは?

投資には様々な方法があります。

一般に投資というと株式投資が代表的ですが、FX、ファンド、不動産や商品先物取引など多種多様ですが、全て利益になることが大原則です。

少ない投資額でというのが理想ですが、CFD取引をご存知でしょうか?

投資先は株式やコモディティや株価指数などですが、投資対象に証拠金を出すことにより売買ができるCFD取引。

株式を手にするわけではなく、買いですと上がれば利益、売りですと下がれば利益という差金決済の投資です。

CFD取引ですと、約定代金を丸々用意する必要はなく、証拠金率だけ、少ないものですと10%くらいで取引ができます。

CFD取引はFXと似た原理ですが、投資先がいろいろというのも投資の楽しみです。

CFD取引、早速いかがですか?

CFDとは?

CFDとは、Contracts for Differenceの略で、日本で言うと、差金決済のことを言います。

差金決済とは、現金の授受をせずに反対売買の差金のみの決済することです。

例えば、A社の現物株1現物株CDF購入します。実際に現物株を手にするわけではありませんが、それを売買すると価格の差額がCDF取引の損益となります。

株取引、先物取引、信用取引とも違う新しい形の金融取引商品がCDFです。

株取引のようですけれど、現物株保有はできません。

CFDは証拠金を用いたレバレッジ取引です。ですから、FXの株式版とも言われています。

2通貨間で行われるFXを株式を用いて取引をするCDF。今まで、株取引やFXとは違う魅力を見つけることができるかも知れません。