CFDの取り扱い会社は? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFDの取り扱い会社は? CFDの取引で金・原油・世界市場に投資する資産運用術

CFD取引とネット証券

ネット証券の良さは、店頭に行く必要がないこと。

すべてはパソコンの前で用事が済んでしまうというところにあります。

CFD取引においては、今は全てネット証券のみの扱いとなっています。

CFD取引など投資に関して、一番必要な入金作業も、ネットバンクの利用によって片付きますので、兎に角パソコンの管理だけをしっかりすることが大事です。

気軽に投資を楽しむことができるようになったのはネット証券のおかげだと思いますし、単なる株式投資だけではなく、CFD取引のような様々な派生商品が生まれたのもネット証券とパソコンの普及だと思います。

株式投資ではなく、少ない証拠金で大きな資金を取引できるCFD取引。

やはりネット証券でネットバンクを利用してもCFD取引を始めませんか?

ひまわり証券でCFD取引

話題のCFD取引がひまわり証券でできます。

実は、証券CFD取引を日本で初めて導入したのがひまわり証券です。

ひまわり証券の証券CFD取引は、外国株及び国内株(東証225種採用銘柄)を取扱う株式CFD、株価指数先物や債券先物を取扱う限月CFDがあります。

手数料は無料となっていますが。株式CFDで一定の基準額以上の場合となっていますのでご注意ください。

ひまわり証券CFD取引のレバレッジは最大20倍となっています。

まずは、ひまわり証券へ資料請求と口座開設です。

手始めにデモ取引システムを利用するとよいでしょう。料金は無料となっています。

ひまわり証券のCFD取引画面に慣れたら、いよいよCFD取引スタートです。

CFD取引のキャンペーンいろいろ

キャンペーンというのは、お得感がありますので、是非利用したいもの。

CFD取引と耳慣れない投資方法がありますが、現在CMCマーケット、ひまわり証券、SVC証券でできる取引です。

ひまわり証券のCFDキャンペーンは、厳選書籍のプレゼントが9月30日まで行われていました。

投資対象は株式や債券や株価指数などで、証拠金でレバレッジを効かせて取引ができるのがCFD取引です。

CMCマーケットのCFDキャンペーンは9月30日まで手数料が無料というものでした。1日の取引に限度がないCFD取引ですから、手数料の心配なく取引可能です。

SVC証券のCFDキャンペーンは、CFD口座開設をし10万円以上の入金で1000円相当のオリジナルクオカードのプレゼントでした。

このようにキャンペーンの最中で行動を起こすと、お得になることがありますから、利用したいものです。

これから盛んになるであろうCFD取引ですから、また、どこかでキャンペーンが行われるのを期待したいものです。

CFD取引はCMCMarketsJapan

2008年8月時点でCFD取引の取扱会社はCMCMarketsJapanとひまわり証券、SVC証券です。

その中でもCMCMarketsJapanは、CFD取引において、日本語化対応もすんでいてシステムトレードの機能もついていので非常に魅力的に思えます。

また、海外個別銘柄も3000株以上、債権や指数のCFD取扱い数も多いのがCMCMarketsJapanです。

ヨーロッパCFD取引ナンバー1といわれているCMCMarketsJapanですから、信用度も高いと言えます。

日本の株価指数CFDが最大200倍のレバレッジというのは、CMCMarketsJapanだけです。

CFDで一歩先行くCMCMarketsJapanこちらまで。

SVC証券のCFD取引

SVC證券CFD取引をスタートしました。

CFD取引とは、証拠金を使って株式などを売買する取引です。
株式投資の新しい形として、注目されています。

SVC證券CFD取引では2つのコースがあります。

株価証拠金取引では、東京証券取引所上場銘柄225社、ニューヨーク証券取引所上場銘柄約1372社、ナスダック上場銘柄約880社の銘柄を取引できます。

株価指数証拠金取引では、S&P500やダウ・ジョーンズなど世界主要国の株価指数銘柄の取引ができます。

SVC証券CFD取引の手数料は無料ですから、レバレッジは最大20倍となっています。

SVC証券では、FXやCFD取引以外にも新しい形での投資ができる商品がたくさんあります。

SVC証券ではCFD取引に関してもいち早く取り入れられ、投資の先端を走っています。

ネット証券でCFD取引、始めましょう

今はトレードはネット証券でというのが当たり前の時代になっています。

証券会社の店頭で、取引の相談をするというよりは、自己判断をマウスに委ねるという感じでしょう。

投資の種類も次々と増え、これからは株式投資などとFXの要素を併せ持つCFDはいかがでしょう。

CFD取引はネット証券の数社で取り扱いをしています。

普通の投資と同じ様に、ネット証券CFDの口座開設をすると取引できます。

ネット証券ですと、あらゆる手間が省け、疑問点などはメールのやり取りで大抵解決します。

投資をしながら情報収集というのもネット証券ですと、『ながら』でできますから便利です。

CFDに関しては、出始めということで、情報もあまりありませんが、CFDのことも『ながら』で調べてみてください。

CFD取引のできる証券会社

CFD取引を行っている証券会社は数社ありますが、その中でもひまわり証券をご紹介します。

ひまわり証券は、日本で初めてFXを始めた証券会社として有名です。そして今回、CFD取引も国内の証券会社では、初めて導入してのもひまわり証券です。

CFDの先駆者としての存在する証券会社のひまわり証券ですが、CFDにかかる手数料は無料。

CFDの取り扱い銘柄数は国内外で3717名柄となっています。

1日に何回もできるCFD取引は、株式や信用取引にある規制もありません。

ですから、自由な取引ができるCFDをひまわり証券で始めてみませんか?

これからCFDを行う証券会社は増えてくると思いますが、今はひまわり証券です。

CFD取り扱い会社について

2008年8月現在、CFD取り扱い会社は、ひまわり証券、SVC証券、CMCMarketsJapanなどです。

それぞれCFD取り扱い会社に特徴はありますが、既にこれらの会社で別の口座開設をしている方もいると思いますが、CFDは改めて口座開設をしなければなりません。

今は少ないCFD取り扱い会社ですが、CFDそのものの知名度があがれば、きっと多くの証券会社がCFDの取り扱いを始めることでしょう。

株式投資、FXを経験している方なら、入りやすいCFD取引ですが、レバレッジや証拠金などの額が違ってきたりしますので、注意が必要です。

CFD取り扱い会社でのメリットを確認し、ご自分がしやすい取り扱い会社でのCFD取引をオススメします。

また、口座開設に関しては、無料なので、全ての取り扱い会社でお試しになるか、デモトレードもできるようなので、一度お試しというのもいいでしょう。